むさし塾|埼玉県 比企郡 嵐山町|埼玉県 川越市の学習塾

むさし塾 bannerお問合せはこちら
一人一人の生徒と
指導方針
 

 

子どもたちは何のための勉強をする
(あるいは、しなくてはならない)のでしょうか?

答えはさまざまですが、そのひとつが「好きな生き方をするため」。

(「しあわせになるため」と言い換えることもできます)

 

生き方とはその人の信念や価値観の総称ですが、
仕事や社会的な立場もここに含まれると考えてください。


すべての子どもたちには─決して大げさではなく─無限の可能性があり、

努力を続けていけばどんな職業にだって就くことができます。

 

しかし、そのためには見晴らしの良い《高い場所》に立って

はるか先にある自分の未来を見渡さなくてはなりません。

 

この《高い場所》は、

「その生徒にとってより高いレベルの学校」と

置き換えることができます。


子どもたちは少しでも《高い場所》に登るために勉強するのです。

 

 
お子様のレベルに応じた授業を

現実の登山と同様、《高い場所=より高いレベルの学校》に行くためには

知識やテクニック、そして体力、精神力が欠かせません。

重要なのは徹底した基礎固め。

 

1〜2年生の間は、学校の授業に合わせたカリキュラムを進めつつ、

苦手を克服することにつとめます。



中間・期末の定期テスト、北辰などの学力テストを通じて

それぞれの生徒が自分のポジションを理解するはずですから、

「行きたい学校」へ至る道、すなわち取り組むべき課題も

おのずとわかるでしょう。



現状で力が足りないとすれば、むさし塾の講師陣が適切な指導を行います。

地道に勉強を続けていけば、将来を見すえる眼を養うことができます。

 

たくさんの漢字や英単語をおぼえ、

数学の問題を正しく解くことができるだけでは足りません。


大切なのは、勉強を通して自己を高め、

自分自身で《考える力》を身につけること。

《考える力》がなければ、自分が求める“しあわせのかたち”は

見えてこないでしょう。


誰かが決めた“しあわせのかたち”に自分を合わせるのではなく、

自分自身が描いた“しあわせのかたち”を実現する

──勉強とは、そのためのシミュレーションなのです。